心療内科にかかることで早急に治療ができる

サイトメニュー

通常の商品と共済

女性 うつ病では加入できる医療保険が少なくなるものの、引受基準緩和型や無選択型、共済などは加入できる可能性が高いです。共済は死亡保障金が安いですが、高額保障が不要な場合は十分です。高額保障が必要なら、引受基準緩和型を選ぶと良いかもしれません。

詳しく見る

飲んで治す心の治療

医者と看護師 減少したモノアミンを増やす作用でうつ病の改善効果をもたらすことから、精神科と心療内科では抗うつ剤をメインとした服薬療法が提供されています。抗うつ剤には色々なタイプがあるので症状ごとで処方薬は違いますが、基本的に健康保険の対象です。

詳しく見る

心を疲弊させるストレス

女性 引受基準緩和型と無選択型ならうつ病を患う人でも保険に加入することができます。健康状態以外の理由で断られることがありますが、いくつもの保険会社に問い合わせてみましょう。保険会社ごとに基準が異なるので、加入できるかもしれません。

詳しく見る

治療の時に使える支援制度

女性 悪化すると働くのも難しくなるうつ病ですが、事前に保険に入っていれば問題が起きた時も対応できます。ただ精神病に対する支援が十分でない保険もあるため、自分が入っているプランの契約内容を調べておくのは大切です。

詳しく見る

費用は気にしない

ハート記号医療

心療内科にかかろう

うつ病は現代人にとても多くなってきている病気の一つです。誰でも発症することがありますが、特に発症しやすいのは真面目な人です。そして、何でも一人で抱え込んでしまう性格の人に多くなっています。責任感が強く誠実な人は社会に出てから仕事の重圧でうつ病を発症することがよくあるのです。もし、うつ病になってしまったとしたら、早急に専門医に相談しましょう。保険適用となることもあるので、治療費を気にして医者にかからないというのは良くありません。症状に応じて保険適用となるのなら、それほど費用がかかることはありません。気兼ねなくまずは心療内科にかかりましょう。一人で受診することが難しい場合には、身近な信頼できる人について来てもらうこともできます。その方が主治医と話がしやすいのなら、そうした方が無難です。それにきちんと症状を話さないと適切な治療もできなくなってしまいます。いつ頃からどんな症状が出ているのか、主治医に話がしやすいようにまとめておきましょう。うつ病は心の病もしくは心の風邪というように言われることがあります。そのため、治らない病気ではありません。きちんとしたところできちんとした治療を受ければ、誰でも必ず治ります。信頼できる心療内科にかかれば安心です。

うつ病といっても細かく分けると様々なものがあります。症状によってどのタイプになるのか分かりません。自己判断せず、まずは心療内科を受診しましょう。初回から予約をするところが多くなっており、じっくりと主治医と話ができるため、どんなことでも気兼ねなく話すことが大切です。そうしてどのタイプのうつ病か分かれば、適切な治療法を提案してもらえます。通常、まずは薬物療法から始めることになります。通院でいいので仕事ができる場合もありますが、仕事のせいでうつ病になってしまった人は当然、しばらく休むことになります。その間の生活費が心配な人は会社に傷病手当の申請をしましょう。うつ病は病気の一つなので病気休暇を取ることができます。きちんと手続きをすれば、しばらく休んでも生活に支障が出ることはありません。また、保険適用となることもあるので、その点も確認しておきましょう。治療薬はいろいろありますが、保険適用となるのならそれほど費用はかかりません。うつ病の薬は効き目を見ながら徐々に変えられることもあります。主治医の指示どおりに服用しましょう。状態が落ち着いてくればどんどん減っていきます。ただし、初回はどの薬が合うのか確認するために、たくさん処方されることもあるのです。多いからといって気落ちすることはありません。