心療内科にかかることで早急に治療ができる

サイトメニュー

飲んで治す心の治療

医者と看護師

減ってしまったモノアミンを回復させる

健康を失った心を治療するため、精神科と心療内科では、抗うつ剤をメインとした保険治療が提供されています。健康保険を適用できる抗うつ剤には、モノアミンという物質を増やす作用があり、そのことでうつ病を改善へと導く仕組みです。だたし、どうしてうつ病の改善に効果を発揮するのかは、まだ具体的に解明されていないとされています。ですが服用により効果を得られることから、抗うつ剤はうつ病の治療薬として数多くの種類が販売されているのです。そしてうつ病と深く関わるモノアミンが、セロトニンやドーパミン、およびノルアドレナリンとなっています。うつ病になるとそれらの神経伝達物質が少なくなり、そのことでも様々な辛い症状が出ると考えられているのです。セロトニンが低下すれば落ち込みや不安が高まり、ドーパミンが不足すれば楽しさや興味が失われ、ノルアドレナリンの減少は気力や意欲の喪失につながると言われています。このため、抗うつ剤を飲んで減ってしまったモノアミンの量を回復させることで、うつ症状が治ると示唆されている訳です。また、抗うつ剤はモノアミン自体を増加させる作用と、分泌した後、再びモノアミンが体に取り込まれるのを遮るといった2つの作用で、改善効果をもたらしてくれます。

原因不明の緊張感や焦りの感情も含め、気分の落ち込みが激しいうつ病の場合、SSRIという抗うつ剤の服用が有効になっています。セロトニンのみを増やす薬として開発されており、副作用が旧薬より軽いのも特徴です。そのため精神科と心療内科では、初診患者に対して一番初めにこの薬を出す場合が少なくありません。ただしセロトニンだけを狙って作用する薬なので、ノルアドレナリンが低下している人へは効き目が薄くなります。そこで、主な症状が意欲や気力の低下ですと、ノルアドレナリンも増やすSNRIという抗うつ剤を服用するのも一般的です。副作用の少なさでは定評があり、SSRIと並んでうつ病の服薬治療で使用されることが多くなっています。さらに、ノルアドレナリンは痛みを減らす働きも持っているので、痛さが慢性化している患者にも処方される抗うつ剤です。しかしどの薬が効くのかは個人差もあり、新薬の中ではとくに効果的と呼ばれるNaSSAの抗うつ剤を飲んでも、効果が現れないケースもあります。そんな時は、抗うつ剤として最も古い種別の三環系抗うつ薬が処方されることも少なくありません。この薬は副作用が出やすい代わりに効果も高く、新薬では効かないうつ病でも改善を望める薬として知られています。もちろん何れの治療も健康保険の対象なので、症状が出た時は軽いうちに病院へ行き、保険を利用してお得に治しましょう。