心療内科にかかることで早急に治療ができる

サイトメニュー

通常の商品と共済

女性

相談窓口で一度に比較可能

一般的な医療保険は、慢性疾患に罹っている場合は加入できないことになっています。そして、慢性疾患の中にうつ病を含む商品は多いです。しかし、引受基準緩和型などの一部の商品は、よほど健康状態が悪いわけでなければ加入できます。引受基準緩和型は、健康状態の告知と審査が不要な無選択型保険と通常の医療保険を足して2で割ったような内容になっています。引受型基準緩和型の毎月の料金は通常の商品よりも高く、無選択型よりは安いです。さらに通常の商品よりも告知項目が2割から3割少なく、加入後1年間は手術給付金が半額になったり、同程度の保障内容となる通常の商品と比較して手術給付金が少なかったりする傾向にあります。反対に無選択型よりは保障内容が手厚いことが多いです。医療保険への加入を考えるときには、共済も選択肢の一つになります。共済は組合員になると加入できる商品で出資金を払う必要がありますが、毎月の掛金が安く、その金額や保障内容は年齢に関わらず一律なのが特徴です。また、割戻金があるのもメリットです。健康状態の告知の有無は、共済の種類によって異なります。うつ病では加入できないものもあれば、無選択型同様に病気の有無に関係なく加入できるものもあります。

共済の掛金が安く設定されているのは、「困ったときの助け合い」という互助精神に基づくものだからです。その分死亡保障金は上限3,000万円程度で、300万円程度に設定されていることも珍しくありません。一般的な保険商品の場合は上限が3億円なので、それと比較すると保障内容としては十分とはいえない金額ということがわかります。しかし、自分が亡くなったときに保障が必要な家族がいない場合などは高額な死亡保障金は不要です。そういう場合は共済を第一選択としても問題ありません。ただし、入院日額は5,000円の商品もあれば10,000円の商品もあります。うつ病での入院は長期になることが多いため、十分な入院日額となっている商品を選んでおくと安心です。共済より保険商品を優先して選びたいという場合は、通常の商品が第一選択で、それで加入が無理なら引受基準緩和型、それも無理なら無選択型という順に探していくのが妥当です。あまりに沢山の商品があり、選ぶのが大変だという場合は、保険相談窓口で相談する方法もあります。いくつもの商品をまとめて販売する代理店なので比較検討しやすく、何より自分のうつ病の状態や希望を考慮した商品をピックアップしてくれるので選びやすいです。さらに面倒な契約手続きまで一気に行うこともでき、契約後の相談も可能です。