心療内科にかかることで早急に治療ができる

サイトメニュー

心を疲弊させるストレス

女性

心の病を抱えていても将来への備えが可能

近年、うつ病を患う人の数が増加し続けています。発症のきっかけとなるのはストレスです。職場や家庭で過剰なストレスに直面しても、かわしていくことが肝心です。しかしそのようにストレスと上手く付き合っていける人ばかりではありません。気が付かない内に多くのストレスを溜め込んで心身に変調をきたしてしまう人も大勢います。もし憂うつ感や気分の落ちこみなどの症状が2週間以上続くようなら、うつ病の可能性があります。かつては心の病を持つ人への強い偏見から病気であることを人に言えない時代がありました。しかし今やうつ病は、誰もが患う可能性のある病気の1つとして認識されつつあります。1人で悩むことなく、できるだけ早く専門医による診察を受けましょう。そして病気になれば、保険関係についても心配になるものです。一般的にうつ病患者は保険への加入は難しいとされています。これは加入している人の公平性を保つためでもあるので、仕方のないことです。しかしよく調べてみると決められた条件さえ満たしていれば、うつ病患者でも入れる保険が存在します。完治して5年以上経過している人や健康であるという医師の診断が得られる者は、加入できる可能性が高いです。諦めずに条件について確認してみましょう。

病気でも入りやすい保険として知られているのが引受基準緩和型保険です。一般的に加入するときにいくつかの項目について告知書に記入しなければなりません。さらに実際に医療機関での診察や面接などを受けたうえで会社が加入を認めます。これらの審査基準を加入しやすいよう緩和しているのが引受基準緩和型保険です。基準を緩和している分だけ料金が高かったり給付金に制限がある場合があります。そして緩和されるのは健康状態についての基準だけなので、その他の理由で断られるケースもあります。その理由については、会社ごとに違うので、1つの会社で断られても諦めずにいくつもの会社に問い合わせてみましょう。さらに医師の診察や告知すらいらないのが無選択型保険です。健康状態に関わらず加入できるのですが、誰でも入れるわけではありません。引受基準緩和型保険と同様に、その他の理由で断られる可能性があります。しかも加入後一定期間は、支払った分しか給付金が受けられないといった制限があることがあります。そしてうつ病の治療はゴールの見えないマラソンを走り続けているようなものです。将来への漠然とした不安感はうつ病の症状を悪化させてしまうかもしれません。これらのメリットを生かしながら、うつ病へ対する備えとしましょう。